真言宗豊山派(しんごんしゅう ぶざんは) 概要

7世紀ごろインドで興った密教(=顕教に対して、大っぴらに広めない教えという意味)は、やがて中国に伝わり、平安時代初期の延暦23年(804)に弘法大師空海が中国へ渡ってその教えを授かり、日本へと伝えられました。

真言密教の教えを教義として、弘法大師により日本で開かれたのが真言宗です。大師が修行の場とした高野山を中心に広まった真言宗は、平安末期に根来寺(ねごろじ)に分かれ、鎌倉時代には新義真言宗の教えが成立し栄えましたが、戦国時代の勢力争いと無関係ではいられず、豊臣秀吉に全山を焼き払われて多くの僧侶が根来寺を離れました。

その後、豊臣秀長に奈良の長谷寺(山号「豊山」)に招かれた新義真言宗の専誉僧正が豊山派を興し、長谷寺は学山として繁栄しました。

江戸時代になると、五代将軍徳川綱吉の生母・桂昌院が音羽(現文京区)に護国寺を建立し、豊山派の江戸の拠点としました。

現在は、全国に約3千ヶ寺、僧侶5千人、檀信徒3百万人となっています。