地域に根ざした
観光寺院へ・・・

薬師寺の近未来予想図
お坊さん

皆さまに楽しみ、喜んでいただける
薬師寺の近未来予想図です

上図にございますように、当山は本年より地域の皆さまの憩いの場としてお気軽にお立ち寄りを頂き、お仲間とゆっくり、楽しいお時間を過ごして頂けるような、開かれたお寺づくりを推進してまいります。

現在でも、毎日のご参拝やお客さまを始め、20年前に立ち上げましたスポーツNPOの『ダンス教室』に通われる生徒さんご家族さまと、昨年設立いたしましたデイサービス『お寺ジム』に通所される皆さま方で、現在、週に約700名、月間2800名、年間では3万3600名を超えるご参詣者を数えております。

さらに『仁王門』が建立した暁には、境内の美しい景観を楽しみながらお茶を召し上がれる『お寺茶屋』、地元の美味しい食材やお惣菜を楽しめ、和と洋が高いクオリティで結びついた『お寺ベーカリー』(お持ち帰り専用)、高齢者向けスポーツジム『お寺で元気ジム』の開設(毎日開放)を計画しております。

また、現代社会的なご供養へのニーズを組んだ取り組みと致しましては、安価で永代のご供養ができる樹木葬エリア『桜瑠璃苑』、ペット用庭園墓地『ルンビニ苑』は来年までにご用意が整う予定で開発を進めてまいります。

日頃のご参拝やお墓参りの帰りに、お寺で笑顔になってくつろいで頂ける。ジムで運動の後に、お仲間と談笑して楽しく過ごせる場。お子さまの習い事の送迎の際に立ち寄り、気軽に食材をお求めになれる場。複合的に利便性を追求した街中の観光寺院を造形して参ります。今後の薬師寺は、積極的に令和のイノベーションを起こし、これまでのお寺という殻を破った、憩いの寺院へと移り変わり、多世代の方々の笑顔が集まり、便利で楽しい空間と、出会いの機会づくりを推進いたしますので、どうかご期待下さいませ。